男性たちが好む女性のヘアスタイル

自分の顔色はどんな色か

顔全体を見た時に「素敵だな」と思ってもらうためには、自分の顔立ちとか肌の色とかと、自分の髪色がうまくマッチしていなくてはいけません。簡単に考えてみると、例えばピンクやオレンジの様な暖色と、グレーやブルーを混ぜた様な寒色はマッチすると思いますか?多くの人がそういう組み合わせは不自然だ、と思うのではないでしょうか。暖色系にはやはり暖色を合わせるのが落ち着きます。それと同じようにもしも肌色やファンデーションを暖色系のものを使っているのであれば、髪色も暖色系で合わせた方がしっくりきます。逆にオークルや黄色系のファンデーションを使っている人には、それに合わせて髪色も寒色にした方が自然に見えるのです。この判断をあやまると、髪の毛の色だけがとても人工的に見えてしまう時があるようです。肌の色と髪の色がうまく馴染んでいないためにそういう事が起こるのですね。ですからカラーリングをしよう、と思った時には、まず最初の指針として、新宿東口 美容室自分の肌の色を考えてみるのが良いようです。そしれ自分のファンデーションの色にはどのカラーが似合うか、と言う事を考えていくと、「似合わない」色にはならないようですね。このポイントを知っているだけでも、大きな失敗を避ける事が可能になる様です。美容師さんの性格や人間性にもよるのですが、私達がカラーリングの事を良く知らないのでまちがった色選びをしても、何も言わずにそのままカラーリングをしてしまう美容師さんもいます。本当なら美容師という立場であるなら、そのカラーの選択が賢明であるかどうか、と言う事は美容師ならすぐに判ると思うんですね。つまりその人にその色は似あわないのに、と思う事もあるはずなんです。問題はその事を美容師がちゃんと指摘してくれるかどうか、と言う事です。もちろん美容師にとってお客様は神様、という立場である事はわかっています。ですが絶対に似合うはずがないのに…というオーダーの場合には、それは指摘してくれた方がお客さんも有りがたいはずですよね。中には自分が決めたことに美容師が文句を言う、と言う風に捉えてしまって、結局我を通してしまう人もいると思うのですが、大抵の人、特に初めてカラーリングをする人にとっては、「この色は本当に自分に合うのだろうか」と言う疑問は付き物です。そういう時にちゃんと「それよりはこっちの色の方が良い」ということを教えてくれる美容師はとても良い美容師だと思われます。それぐらいでお客さんとぎすぎすするような美容師であるならば、それまでの人眼関係も出来ていなかった、と言う事ですし、本来ならプロとしてのアドバイスがきちんとできるはずです。