男性たちが好む女性のヘアスタイル

技術の素晴らしさを言葉で表現する

どんなに料金の安い美容室であったとしても、お客さんは最終的には、失敗される事は許せないはずです。洋服や靴とは違って、不良品だったから交換する、と言う事が出来ないのが髪の毛のカットやパーマなどの施術です。ですから「安いから少々のことは我慢できる」と言っても失敗だけは取り返しがつきませんから許されない事でしょう。ですからどんなに激安美容室が今流行っている、とは言っても、根本的には「良い技術の美容室に行きたい」と言う願望は皆さん持っているはずです。ですが実際に素人には、技術が素晴らしい、と言う事は解り辛いのです。たとえばものすごくテクニックがある美容師が、激安美容室で働いていたとしたら、お客さんはその美容師の経歴などを知らなければ「どうせ激安美容室だから」と思っているかもしれません。逆に高級な美容室にいる美容師であるならば、それだけでそこの美容師はどの人もものすごくカットが上手いのだ、と信じてしまうかもしれません。ですからもしも自分の美容室の技術の高さをアピールしたいのであれば、お客さんにその事を表現するべきだと思います。「このカッティング方法はこんな効果がある」とか「こういうカッティングが出来る美容師は珍しいのだ」とかと言う事をきちんとお客さんに知らせるべきでしょう。黙ってカットしてもらってもお客さんにはその良さが伝わらない事も多いと思います。アップスタイルにしている女性に魅力を感じる、と思っている男性の中には、その女性が元々はロングスタイルで普段はダウンスタイルにしている人だったりすると、「その人がアップスタイルにしているときの方が魅力的」と感じているようです。要するに普段はロングの女性がアップにしたとたんに「あ、素敵だな」と思えるようです。それは「普段とは違う」「特別な感じ」と言う事が好印象を抱かせるのかもしれません。つまり「いつもと違って新鮮」と言う感覚なのかもしれませんね。男性はヘアスタイルに限らず女性の「普段大宮 美容室とのギャップ」と言う事には弱いものなのかもしれません。同じような感覚は女性が男性を見る時でも言えることですけどもね。ですからよくあるパターンでは、いつもはロングヘアの彼女が髪を卸している所しか見たことが無いのに、お祭りの日に浴衣を着て髪をアップにしているのを見た途端に、いつもに増して彼女のことを素敵だな、とか可愛いな、と思ってしまう、と言う事がありますよね。もしも男性の気を惹きたいならば、女性は逆にこういう男性の心理を利用した作戦を立てるとよいのではないでしょうか。いつも降ろしている髪の毛を、仕事の合間にすっとアップにしてみる、とういう事だけでも男性は魅力を感じるのかもしれません。