その折り込みチラシは手に取ってもらえるか

その折り込みチラシは手に取ってもらえるか

美容室の集客のために用いられるツールとしては、近年色々とバリエーションが増えてきたように思いますが、相変わらず目にするのは新聞の折り込みチラシではないでしょうか。特に新しい美容室がオープンする時には、よく見るような気がします。その折り込みチラシをみなさんはどの程度の興味を持ってみるのでしょうか。そもそも手に取ってもらえなければそのチラシは意味がありません。手にとっても「あ、美容室か」と言う感じですぐに捨てられてしまっても意味がありません。手にとってじっくりと見て、文字を読んでもらい、その美容室がオープンする事が読み手に伝わらなくては、折り込みチラシを作った労力が無駄になります。例えそのチラシを見た人が来店してくれなくても、新しい美容室がオープンする、という情報だけでも読んだ人の頭の中にインプットされたらいいのです。そこまでの工程で何が分かれ目で捨てられる広告と、見てもらえる広告とに分かれるのでしょうか。広告を作るのも美容室にとってはただではありません。きちんと制作費や印刷費、つまり経費をかけて作成している事がほどんどです。そうなってくると経費の無駄遣いをするような結果に終わる訳には行きません。美容室にとって効果的な折込チラシとはどのようなものなのでしょうか。みなさんは、美容室に限らずどんな折込チラシなら手にとってちょっと見てみようか、という気持ちになるのでしょうか。おそらくそれは「インパクト」だと思うんですね。たとえば回転ずしの折り込みチラシで、「半額!」と大きな文字で書かれていたら思わず手に取って見ますよね。「え?半額なの?」と気持が傾きます。そこで初めてそのチラシを手にとって詳細を確認します。ですから美容室のチラシもその様なインパクトが無くてはいけないと思うんですね。たとえば外人のモデルさんがとてもきれいな金髪をして大きく映っている、というチラシはどうでしょうか。こうやって文字で書いただけなら何となくインパクトがありそうですが、そんなチラシを手に取ってみよう、という気持ちになりますか?おそらくならないと思うんですね。どんなにキレイな外人のモデルさんを使っても、もはやそれは美容室のチラシとしたら使い古された手口なんですね。絶対にそんなお客さんはいないだろう、と思われる様な金髪美人の写真を掲載している美容室なんて、これまで何度も見たことがありますし、実際に行ってみたらそのチラシのイメージほどオシャレな美容室ではなかった、というケースが殆どであることをお客さんはすでによく知っているのです。ヘアサロン 小岩駅 美容院 縮毛矯正 予約 おすすめ 口コミ