男性たちが好む女性のヘアスタイル

美容室でのカラーリングなら大丈夫と信じている

これだけカラーリングが一般的になってきている時代ですから、お客さんも美容師に負けないぐらい色々な情報を持っています。それでもなおかつカラーリングによるダメージの不安を持つのは、「なぜ痛むのか」と言う事がよく分からないからだと思うんですね。初めてカラーリングをしようとしている人ならば、「どの様に傷むのか」と言う事についても心配であることでしょう。ですがどんなにネット上などで「カラーリングは髪の毛が傷む」と言う情報が載っていても、「ちゃんとカット 蒲田に行ってやってもらうのだから大丈夫だろう」「値段の安すぎるような美容室でない限り、ちゃんとやってくれるだろう」という美容室のカラーリング技術に対する漠然とした期待や安心感を、お客さ難たちは持っているんですね。つまり美容師はプロなんだから、髪の傷みを抑える方法を知っているはず、という思い込みなんですね。もちろん、プロの美容師たる者、ダメージを意識したカラーリングをするべきのですが、ではお客さんに対してカラーリングの際に「なぜ痛むのか」「傷んだらどのようになるのか」と言う説明を判るまで説明してくれる美容師と言うのは、ほとんどいないように思います。お客さんも美容師にカラーリングをお願いしたとたんに、「傷まない様にしてくれるはず」という気持ちになってしまっています。とことんダメージについて納得してから施術を受ける人は少ないのではないでしょうか。お客さんはカラーリングをする時には、カラーリングは髪が傷む、という意識を持っていますから、少しでもカラーリングに対して評判の良い美容室をリサーチして行くと思うんですね。ですが落とし穴なのが、評判が良い、というだけでその美容室に行けば大丈夫、と言う感覚になっている事なんですね。ですから実際にその美容室に行っても、「カラーリングによる髪の傷み」に関して、何か説明を受けたり、自分から不安な事を質問したり、と言う事をする人は少ないようです。実際にはカラーリングによるダメージと言うのは、ちゃんとしが原因がありますし、その症状についても解っています。ですが、その事を解決するのではなく、大抵の美容室が行っているのは、カラーリングをする前のトリートメント、とかカラーリング後のトリートメント、などを行って、ダメージを技術的にコントロールしている訳です。ですがそれは根本的に「傷む」という問題を解決したわけではないので、その後トリートメントを怠れば、やはり髪は傷むのです。十分にカラーリングによる痛みについて理解していないお客さんは、結果的に髪の毛が傷むと「美容室での施術が悪かったから傷んだ」としか思えません。そこでその美容室への信頼が薄れてしまうわけです。本来カラーリングをると、髪の毛に何が起こって、それがどのようにダメージにつながるのか、と言う事を理解できていたら、単純に美容室のせいにはできない事もあるはずなのですけどもね。